濱田岳の性格と『釣りバカ日誌』の演技について!子役時代の画像がかわいい!

濱田岳

演技派俳優として、その地位を確立しつつある濱田岳さん!

彼の知られざる本当の性格と、新作ドラマ『釣りバカ日誌』での演技について!

子役時代のかわいい画像もまじえながら、『まじめ』にインフォテインメント!

していきたいと思います!

スポンサードリンク

濱田岳の本当の性格!

濱田岳

濱田岳さんの性格については、ネット上で様々な臆測が飛び交っていますよね。

超まじめで役者バカとか、イタズラ好きで性格悪いだとか・・・。

しかし、本当の性格なんて本人にもよく解らないもの!

そこで、出来るだけ個人的な主観を取り除き、より客観性を高めた超合理的統計哲学!(要は占い)(*´ω`*)💧を用いて!

濱田岳さんの本当の性格を『まじめ』にインフォテインメント!

してみたいと思います!


濱田岳さん!
濱田岳
ユーモアのセンスに溢れ、家庭的で人によく尽くします。

濱田岳
責任感も強く、誠実でお人好し。

濱田岳
サービス精神が旺盛で思いやりもあるので、いつもみんなの人気者!

濱田岳
常に相手のことを考えて行動するので、人が嫌がることを絶対にしない!

??? 結構、イタズラ好きですよね?

濱田岳
曲がったことが大嫌いなまじめ人間!自分に正直で、嘘がつけません!

濱田岳
義理人情に厚く古風な人格。人間関係を大切にします!

濱田岳
人道主義者で慈悲深く、周りからの信頼も厚い!

濱田岳
お金に対しては無欲。世の中のためになる仕事や、たくさんの人に喜ばれる仕事にやりがいを求めます!

う~ん? なるほど、

サービス精神旺盛で、みんなの人気者!

家庭的で『まじめ』みたいですが、イタズラ好きっていうのはどうなんでしょう?

おそらく、みんなが嫌がるようなものではなく、サービス精神からくるスキンシップの一種なんでしょうね!

どんな世界でも大成するには、やはりその人の人格は切っても切れない重要な要素のひとつ!

濱田岳さんには、その素養がおありのようです。

是非!役者として、人格者として、芸能界を引っ張っていってください!

スポンサードリンク

濱田岳の『釣りバカ日誌』の演技について!

濱田岳

『釣りバカ日誌』のハマちゃんといえば、やっぱり西田敏行!

という方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、その西田敏行さんが、「ハマちゃんを演じることの出来る日本で数少ない俳優」と、濱田岳さんのことを大絶賛されています!

実際、ドラマを見た限りでは「そこまで大絶賛?」という感じがどうしても否めないのですが皆さんはどうでしょう?

確かに「天才」「違和感ない」「ハマり役」「クセになる演技」などの意見が目立ちますが、例えば他の俳優さんだったらどうでしょう?

【例えば、染谷将太さん!】
濱田岳11

7歳の頃から芸能活動を始め、2011年の第68回ヴェネツィア国際映画祭にて、映画『ヒミズ』で最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞します。

その後、2012年には『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞!

2013年には『ヒミズ』『悪の教典』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています!

2015年には『さよなら歌舞伎町』で第14回ニューヨーク・アジア映画祭ライジングスター賞を受賞!

その他にも『寄生獣』や『みんなエスパーだよ!』、『バクマン』など、超話題作での個性的な演技が光っています!

「釣りバカ」も “オタク” の一種と考えるなら、“オタク” の雰囲気をかもし出すことにかけては右に出るものはいないと思うのですがいかがでしょう?

【例えば、山田孝之さん!】
濱田岳12

2003年、『WATER BOYS』でテレビドラマ初主演を果たします!

2005年には『電車男』で映画初主演!

2007年は、映画『クローズZERO』で第50回ブルーリボン賞助演男優賞にノミネート!

2010年10月、アメリカのエンタテイメント雑誌「ハリウッド・リポーター」で “世界の注目俳優10人” の中の1人として、日本人としてはただ一人紹介されています!

2011年には、ニューヨーク・アジア映画祭において、スター・アジア・ライジング・スター賞を受賞!日本人として初めての快挙でした!

2012年には、『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』にて第34回ヨコハマ映画祭助演男優賞と、第17回日本インターネット映画大賞日本映画部門助演男優賞を受賞し、『その夜の侍』においては第67回日本放送映画藝術大賞映画部門最優秀助演男優賞も受賞しています!

その他にも、人気漫画で映画化された『闇金ウシジマくん』や、最近2015年では『新宿スワン』や『バクマン』といった超話題作にも出演し、2016年には『テラフォーマーズ』などのSF超大作?にも出演します!

ある意味、天才と言うならこの人を無視して日本の映画界は語れませんよね。

きっと、「ハマちゃん」を演じることになったとしても、西田敏行さんを越える「ハマちゃん」を演じてくれていたに間違いありません!

【例えば、松山ケンイチさん!】
濱田岳13

2006年に、『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』で第31回報知映画賞・新人賞を受賞!その他、第30回日本アカデミー賞・新人俳優賞第28回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞など、様々な賞を受賞しています!

『デスノート』の“L”役や『デトロイト・メタル・シティ』『カムイ外伝』『銭ゲバ』『GANTZ』など、漫画が原作のドラマや映画に数多く出演しています!

2015年の『ど根性ガエル』では、“ヒロシ”役の演技を不安視する声も多く聞かれましたが、まったく違和感を感じさせないどころかそれ以上の“ヒロシ”を見事に演じ切っています!

個人的には、松山ケンイチさんの「ハマちゃん」も見てみたいと思うのは僕だけでしょうか?(*´∀`)♪

【例えば、菅田将輝さん!】
濱田岳14

2009年、『仮面ライダーW』の“フィリップ”役でブレイク!

映画『共食い』で第37回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞!

ドラマ『死神くん』では、第81回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞!

映画『そこのみにて光輝く』では、第6回TAMA映画賞最優秀新進男優賞、第29回高崎映画祭最優秀助演男優賞、第10回おおさかシネマフェスティバル助演男優賞、第19回日本インターネット映画大賞助演男優賞、2014年度全国映連賞男優賞、第24回日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞しています!

デビュー当時は、そのルックスからアイドル視されることの方が多かったようですが、

『高校デビュー』や『王様とボク』、『男子高校生の日常』に『暗殺教室』と、こちらもまた漫画が原作の作品に数多く出演。

最近では『ちゃんぽん食べたか』『民王』などで、すっかり若手実力派俳優として認知されてきています!

auスマホのCMでは、濱田岳さんの“金太郎”に対して、超軽いキャラの“オニちゃん”でも話題になりましたよね!

彼もまた、イケメンだけれども三枚目の役がよく似合う数少ない俳優さんだと思うんですが・・・💧

【例えば、須賀健太さん!】
濱田岳15

なんでも子供の頃に、戦隊モノの『電磁戦隊メガレンジャー』を見て役者になりたいと思ったそうです!

『喰いタン』や三丁目の夕日シリーズ、『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』など数多くの作品に子役として出演。

そしてなんといっても、2009年の『釣りキチ三平』に主演しているところは見逃せません!

当時はまだ子役でしたが、今ではもう立派な大人。成長した“釣りキチ三平”が「ハマちゃん」役っていうのも釣り繋がりで面白いと思いませんか?思いませんよね💧

目標にしている俳優さんは、役所広司さんや阿部サダヲさんや生瀬勝久さん。そしてなんと!濱田岳さんだというからビックリじゃないですか!?

なんでも悩みは、二十歳を過ぎてもいまだに子役のイメージが払拭出来ないことなんですって!

あと数年先だったら、もしかしたら「ハマちゃん」役のオファーがあったかも知れませんね!

【濱田岳さんについて!】
濱田岳

濱田岳さんについては、考えてみるとそれほど代表作といえる作品は多くないですよね。

2008年に『アヒルと鴨のコインロッカー』で第22回高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞したことをのぞけば、2004年の『3年B組金八先生』への出演なんて最近ちらほら話題に上がることはあっても当時はまったくの無名に等しく、その演技もそれほど評価が高かったようには思いません。

今回『釣りバカ日誌』の「ハマちゃん」役に抜擢されたことで、やっと本当の代表作を手にすることが出来たと言っても過言ではないでしょう。

しかし、今後『釣りバカ日誌』がシリーズ化され、長い年月を経て濱田岳さんが「ハマちゃん」を演じていくとなると、そのあまりにも強いキャラクターから他の役どころが演じにくくなりはしないのかと心配です。

そして、新しく映画化なんてことになれば、映画の「ハマちゃん」も濱田岳さんだとは限りませんよね!

同じ作品で違う役者が主役を演じることも多々あります。

もし、そうなったら、先に挙げた方たちの『釣りバカ日誌』での演技を見られるかも知れませんよね!?

「ハマちゃん」キャラの争奪戦!期待しています!

何はともあれせっかくの代表作ですから、やっぱり「ハマちゃん」は濱田岳!

と、言わしめる演技を期待しています! 頑張って下さい!

ありがとうございました!

濱田岳

スポンサードリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ