小説家ピース又吉って性格悪いの?本当の性格は?又吉の本『火花』の印税っていくら?

又吉


ついに!芥川賞を受賞し、小説家デビューを果たした、ピース又吉さん!

性格悪いとかネガティブだとか、いろんな噂が流れていますが、本当にそんなに性格悪いんでしょうか?

そして、気になる又吉さんの本の印税ってどれくらい?

今日は、その辺を徹底的に!

『まじめ』にインフォテインメント!していきたいと思います!

スポンサードリンク

ピース又吉って性格悪いの?本当の性格は?

又吉

ピース又吉さんの本名は「又吉直樹」ニックネームは「まったん」「またきち」「まっぴー」!

出身は大阪府寝屋川市1980年6月2日生まれの、ふたご座でB型です!

ネットでよく見かけるのは、又吉は “性格悪い” “ネガティブ” “短気” といった、あまり印象の良くないものばかり・・・

でも、本当にそんな性格なんでしょうか?

そこで、より客観性を高め!出来るだけ個人の主観を排除した!独自の統計学(要は占い)(^_^;)を用いて!

ピース又吉さんの本当の性格を深掘りしてみたいと思います!

又吉

個性が強く、強靭な精神力と集中力をもっています!

成功者になるか敗北者になるかがはっきりしている!

自己鍛錬能力に長け、何事も最後まであきらめない!

又吉

世の中に新しいものを生み出す力を持っている!

一度、心に決めたことにはとことん情熱を注ぎ、周囲の反対も意に介さない!

波瀾万丈で、劇的人生を好む傾向がある!

又吉

恋愛にも情熱的!

この人と決めた相手にはとことん情熱をもってぶつかり、そう簡単にはあきらめない!

まさに、“恋に生き” “恋に死ぬ” といった恋愛観の持ち主!

又吉

仕事に命を賭け、常に変化を望んで活動する!

積極的に新しいことへのチャレンジを行い、そのたぐいまれな発想力と積極性で、成功をつかみ取っていく!

又吉
出世運や商売運が強く、自分で何かを始めて大成功を収める!

その独創性を活かせるかどうかが鍵!

又吉


ただ一つ問題は、その能力の使い道を間違えると、詐欺師や犯罪者になる危険性を秘めている。

んだそうです・・・

又吉
警察が作成した“又吉”のビラ!

いやぁ~、取るべくして取った『芥川賞』てな感じですね!

でも、そんなに性格悪いようには感じられないですよね・・・

【そこで一つ、エピソードを!】

又吉

又吉さんが一番最初にコンビを組んだ「線香花火」の相方さんが、“芸人への情熱がなくなってしまった”ことを理由にコンビ解消を
申し出ます。

中学の同級生時代から、一緒にお笑いの世界を目指してきた二人。

相方さんの「本当に申し訳ない・・・」という気持ちに対して、又吉さんはどんな気持ちだったんでしょうね?

その後、元相方さんの結婚式に呼ばれたのですが、スケジュールの都合が合わずやむなく欠席・・・

その代わり、ビデオレターに祝福のメッセージを込めて贈りました。

その最後には、又吉さんの一発ギャグの数々!

「こんなん、やるようになりました~」と、はにかんでいたそうです・・・

それを見た元相方さんは号泣・・・

過去に一度だけ出演したテレビ番組で、又吉さんに対してこう語っています。

「お笑いへの情熱が冷めてしまった自分と付き合うのは辛かったでしょう。本当に申し訳なかった・・・」

そうして、深々と頭を下げたといいます。

これに対して、目に涙を浮かべていた又吉さん。

コンビ解散からすでに10年が経ち、一般人となった元相方さんとは、今でもよく飲みにいくそうです。

そんな又吉さんって、本当に性格悪いと思ますか?

どう判断されるかは、あなた次第です!

スポンサードリンク

又吉の本『火花』の印税っていくらぐらい?

又吉

実は、本の印税といっても、一概にいくらとは言えないんですね・・・

というのも、本の印税には2種類の契約方法が存在していて、又吉さんがどういう契約を交わしているのかは、本人と出版社しか知らないらしいんです。

その2種類の契約方法とは、「刷り部数契約」と、「実売契約」というものです。

「刷り部数契約」とはその名の通り、本の“発行部数×印税率”のことを指し、極端な話、本が一冊も売れなくても印税は入ってきます!

そして、「実売契約」もまた、本の“実倍数×印税率”のことをいいますが、こちらは、本が実際に売れなければ、一円も印税は入ってきません!(ただし、初版保証という制度を採用している出版会社もありますが、話がややこしくなるので説明は省かせて頂きます)

しかも、この契約方法は出版社側で、すでに決まっていて、書き手側が自由に選択出来るわけではないんだそうです。

印税率に関しても、一律10%というわけではないようで、5%~12%と、これも出版会社によって決められています。

なので、あくまでも推測でしかありませんが、又吉さんの印税は大きく分けて二通りの金額が考えられます。

すでに64万部が発行され、40万部の追加増刷が決まったことから、累計発行部数は、104万部!

一冊1296円(税込)で、印税率10%とすると、およそ一億3千480万円が、印税として入ってきます!

そこから、吉本が半分近くを搾取するとの報道ですが、個人の実績に対して、それもどうかと思いますよね!

まぁー、それも笑いのネタにするんでしょうが・・・

実倍数に関しては、まだ何とも言えませんので計算のしようがありませんが、麒麟の田村裕さんの『ホームレス中学生』で、225万部を売上げ印税が2億円超ということですから、この勢いでいけば、億は間違いなく超えるでしょうね!
又吉

又吉さんは、「僕ら芸人は終身雇用じゃないので、老後とか考えると、貯金とかした方がいいんですかね」と、実に堅実的です!

子供の頃は貧乏な家庭で育ったという又吉さん。

家族で焼肉を食べにいくと母親や祖父が、自分たちは「お肉二枚でお腹一杯だから」と、子供たちに分けてくれていたといいます。

又吉さんも逆に、「お茶漬けでお腹一杯」と、母親に食事を譲っていたそうです・・・

きっと、大金を手にしても、贅沢三昧した末に破産!なんてことは、まずないでしょう!

どうぞ、存分に親孝行をしてあげて下さい!

僕も、『火花』! 読ませてもらいます!

ありがとございました!

又吉

スポンサードリンク


関連記事はこちら!

3 Responses to “小説家ピース又吉って性格悪いの?本当の性格は?又吉の本『火花』の印税っていくら?”

  1. 冒険者 より:

    テレビ出だしの頃、コンビ揃ってクズキャラやってたからイメージは良くなかったです
    今じゃ欠片も見られませんけど(笑)

    • osamu takenouchi より:

      コメントありがとうございます(´∇`)!
      毎日、更新してますので、よろしかっらたら
      また、遊びに来てください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ