とんねるず解散!?石橋貴明と木梨憲武が語る男の引き際とは?インタビューまとめ!

とんねるず


7月10日、東スポ1面と東スポwebニュースに、『とんねるず解散!』の記事が掲載されました!

「どうせ、ガセネタでしょ?東スポだから・・・」と、多くの人たちは冷ややかな反応を見せている様子。

しかし、まったく信憑性がないかと聞かれれば、どうもそうとは言い切れないのも確か!

昔から、“火のないところに煙りは立たない”と言いますよね!?

石橋貴明さんと木梨憲武さんが語る、“男の引き際”とは?

まずは、とんねるずのお二人の数々の言動から、その真意を読み解いてみたいと思います!

それでは、『まじめ』にインフォテインメント!していきましょう!

スポンサードリンク

石橋貴明と木梨憲武が語る、男の引き際とは?

とんねるず

石橋貴明さんは過去に、
『とんねるずのみなさんのおかげでした』の中で、

「仕事が無くなったら無くなった時!それは寿命でしょ!」
と、自らの将来を予見するかのような発言を残しています。

「こちらがやりたいと言っても世間一般がNOと言ったら寿命」
「それは寿命だから甘んじて受けるしかない」
「出たくってもお客さんが“NO”だから」
と、“あくまでも、需要がなくなれば・・・”

を前提とした発言のようです。

バナナマン

また、2011年にはラジオ番組『バナナマンのバナナムーン』
に出演し、

「年齢を重ねていくと、“俺には資質がないのかな”ってわかるようになる」とも。

「あと数年したらイタリアに行って、イタリア料理でも勉強してこようか」なんてことも、冗談ぽく語っています。

石橋貴明

一方、木梨憲武さんはというと、
『憲武・フミヤ・ヒロミが行く!キャンピングカー合宿』で、

藤井フミヤさんが、
「ノリちゃんすっげー引退したがってんだけど、そんなわけにはいかないんだよ俺ら・・・」

と、木梨が過去に引退をほのめかしていたことを暴露!

しかし、木梨は、
「引退しようとは思ってないよ!今のペースがいい!」

と、否定した模様です。

木梨憲武

木梨憲武はここ十数年、「俺は週に3日しか働かない!」
と、公言しており、あとの時間は趣味の絵画制作などに使う
“悠々自適”な生活を送っているらしいです!

まるで、鶴太郎?

最近は、お笑いに対して以前のような情熱は感じられないとのことです。

木梨憲武

スポンサードリンク

30年以上も「数億円」という年収を稼ぎ続けている、
石橋貴明さんと木梨憲武さん。

いまさら、老後の心配なんて不要なのでしょうが・・・

唯一、残されたレギュラー番組
『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了する時、

お二人の新たな人生が、また始まるのかも知れませんね。

石橋貴明

また、石橋貴明さんは、「自分で才能を感じていない・・・」
と、漏らしています。

「若い時から生意気をやってきたので、いまさら仕事を下さいなんて頭を下げられない・・・」とも・・・

「人間だから運の量はみんな一緒で決まっちゃってる気がする・・・」
「俺は中途半端だな・・・」
「やっぱダメだな・・・」

若いうちに売れちゃって、50歳を過ぎてから、
「俺はやっぱこのぐれぇなのかな・・・」

と、現在の心境は決して華やかなものではないようです。

そして、自分の需要がなくなった時・・・
それが引き際なんだと、頑なな発言を繰り返しています。

とんねるず

大久保佳代子の
「基本、バラエティは男社会。女芸人の役割は何だと思いますか?」の問いに、

「今のテレビの方が危ない!」

「家にテレビがないやつだとか、テレビをまったく見ないやつが増えてきている・・・」

「男芸人女芸人ということを考えるより、今のテレビをおもしろくすることを考えないと!」

「テレビ見ている若いやつが、“俺いつかテレビ局行って、テレビの世界に携わってみたい”という目標がどんどん小さくなっちゃっている」と現状を危惧。

「テレビを面白いフィールドにもっとしていかないと、次がなくなっちゃう」

と、次世代におけるTV業界に危機感を募らせています。

お笑いを心から愛し、30年以上もの間、お笑い界を牽引してきたとんねるずのお二人。

このまま、フェードアウト・・・
だなんて、寂しいことだけはやめて欲しいですね。

とんねるず

スポンサードリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ