宮崎あおいの性格や生い立ちは?子供時代のエピソードも!

宮崎あおい


女優の宮崎あおいさんと、
「V6」の岡田准一さんの交際報道を受けて!

宮崎あおいさんの本当の性格や生い立ち!
ひいては、子供時代のエピソードなんかを!

『まじめ』にインフォテインメント!してみました!

スポンサードリンク

宮崎あおいの性格や生い立ちは?

宮崎あおい


【本名】 宮﨑 あおい
【生年月日】 1985年11月30日
【星座】 射手座
【出生地】   東京都 杉並区
【身長】 163センチ
【血液型】 O型

宮崎あおい

趣味は写真とネイルアート。
特技はリンゴの皮むき!

俳優の宮﨑将さんは実のお兄さんです。

宮崎将
宮崎将

4歳の時に、母親から「思い出に残るように」と、
芸能事務所に入ったという宮崎あおいさん!

子役時代はCMや雑誌を中心に活動し、
映画やドラマにも出演していましたが、
名前の付かないような役ばかりでした。

本格的に女優業を始めたのは1998年頃からで、
映画デビュー作は、大林宣彦監督の
『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』
(1999年)でした。

宮崎あおい

その後、ピチモ(ピチレモンのモデル)として活躍!
宮崎あおい

2001年の初主演映画『害虫』では、
第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門
主演女優賞を受賞!
宮崎あおい

2002年には『EUREKA(ユリイカ)』で
第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しました!
宮崎あおい

同年、BS-iの『ケータイ刑事 銭形愛』でドラマ初主演!
宮崎あおい

2003年の舞台では初主演のミュージカル『星の王子さま』
で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞を受賞します!
宮崎あおい

その年、アニメ『魔法遣いに大切なこと』では、
声優にも初挑戦!

その後も、アニメ映画やドラマ、
ドキュメンタリーのナレーションなど、
声優や声に関わる仕事も増えています。
宮崎あおい

2005年に中島美嘉とのダブル主演で
『NANA-ナナ-』に出演!

2005年度実写邦画観客動員数第2位、
興行収入40億円の大ヒットとなりました!
宮崎あおい

2006年には、NHKの連続テレビ小説『純情きらり』
で、ヒロイン・有森桜子役を演じ、
第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)
を受賞しました!
宮崎あおい

2007年6月15日、10代の頃から交際していた
俳優の高岡奏輔と結婚!
宮崎あおい

2008年は、NHK大河ドラマ『篤姫』で、
主人公の篤姫を演じ、大河ドラマの主役としては
歴代最年少(放送開始時22歳1ヵ月)を記録!
宮崎あおい

2011年12月28日に俳優の高岡奏輔と離婚。
宮崎あおい

2012年に、10年ぶりの民放ドラマ
『ゴーイング マイ ホーム』に出演。
宮崎あおい

そして、2015年の秋、
2度目となる連続テレビ小説『あさが来た』にて、
主演の波瑠とのダブルヒロインとなる姉の“はつ”役を演じます!
宮崎あおい

宮崎あおいさんに関しては、いろんな噂がありますが、
あんまり波瑠ちゃんをイジメないで欲しいです・・・💧

しかし!

やはりここは、出来るだけ個人の主観を排除し、
より客観性を高めた合理的統計哲学(要は占い)💧
を用いて!

宮崎あおいさんの本当の性格を徹底解析!
していかないといけませんよね!

宮崎あおい


宮崎あおいさんは意志が強く、
どんな時も冷静に物事を判断し、対処します。

一見、物静かですが、
実は意外と大胆で、行動力と勇気もあります!

周囲の人たちから頼られることも多く、
自然にリーダー的存在になることも!

宮崎あおい

わがままで、自分本位な恋愛をしやすく、
好きでも、それをなかなか態度に表しません。

そのため誤解もされやすく、
恋愛関係にも合理性を求めます。

同情から恋愛に発展するようなことはなく、
結婚後も自分の仕事や趣味を優先し、
あまり家庭生活をかえりみません。

宮崎あおい

親しみのある雰囲気で、
若いころから人気を得ます!

しかも、それほど美人でないのに、
多くの人から愛されます!

宮崎あおい

人に使われることを嫌い、
自分の意志で進めていける仕事が合っています!

ゼロから地位や財産を築いていく人が多く、
普通なら諦めるようなことでも、
忍耐強く自分の信念を貫いていきます!

宮崎あおい

富と名声と好み、巨額の財産を得ますが、
出費も大きいため、なかなか後には残りません。

サラ金で失敗するのもこのタイプ。

他人の保証人になったり、
借金をしないほうが得策です。

宮崎あおい

意志が強くて冷静・・・
なんとなく、分かりますね💧

恋愛に関しては、
相当わがままのようですが・・・

岡田さん、大丈夫なんですかね?

まあ、それはいいとして、

波瑠ちゃんだけは絶対に!
イジメないで下さい!

スポンサードリンク

宮崎あおいの子供時代のエピソード!

宮崎あおい

宮﨑あおいさんは、
物心がついた時から芸能界にいるため、
演技をしていなかった時期がなく、
それが、“自分の日常” だと語っています。

初めて役名をもらったのは小学校5年生の時で、
撮影現場に足を運ぶことが当たり前の生活を送っていました。

なので、仕事はクラブ活動や習い事のようなものだったとか。

現場では大人のひとたちが、
宮崎あおいさんを含むエキストラさんたちに、
けっこう冷たかったんだそうです。

そして、その主役と脇役の差別を見て、
“こんな大人になるものか!” と子供ながらに思ったと言います。

良かったです💧
それじゃあ、波瑠ちゃんをイジメたりしませんよね!

宮崎あおい

小学校の頃は家庭科クラブに所属。
この時にリンゴの皮むきを覚えたんだそうです!

今ではそれが特技になっていますが、
何でも極めれば、特技になるんですね!
宮崎あおい

少女向けファッション雑誌「ピチレモン」
のモデル(ピチモ)をやっていた頃、
アイドルとして活動していたことが、
本人的には相当嫌だったみたいです・・・💧

人に使われるのが嫌いな性格が、
もうこの頃から芽生えていたんでしょうか?

宮崎あおい

1999年の映画デビュー作!
『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』では、
実は、フルヌードでの撮影シーンがあったんだとか!

でも残念ながら、身体は映っていないそうです・・・

宮崎あおい

芸能活動を続けながらも、中学時代の夢は
洋服のデザイナーだったと言う、宮崎あおいさん。

中学卒業後は服飾の専門学校に進学しますが、
芸能活動が忙しく、1年で中退しています。
(その後は通信制の高校に進学)

ちなみに、2002年公開の映画「パコダテ人」では、
その頃の技能を生かし、衣装の製作にも携わっています。

宮崎あおい

子供タレント時代に出演した、
キンカン(虫刺され治療薬)のCMのロケで、
サイパンに行った際、家族も同行。

近くの海で一緒に貝を拾ったり、
家族旅行のようで楽しかったそうです。

たまたま家庭科実習の日に、
仕事で学校を休まなければならなくなったあおいさん!

友達に、「何で休むの?」と聞かれ、
「ちょっと、仕事みたいなのがあるから・・・」と答えると、

「あおいは買い物係って、約束してたでしょ!?」
って責められたんだとか。

その時は、さすがにお家に帰って泣いちゃったそうです。

宮崎あおい

う~ん。考えさせられますねぇ~。
芸能活動は、単なる思い出だったんじゃないんですかい?
お母さん!?

昔はオーディションを受けても、
落ちてばかりだったという宮崎あおいさん。

落ちてもあまり残念に思うことはなく、
たまに受かると喜びのほうが大きくて、
芸能活動を続けてこれたんだとか!

宮崎あおい

あんまりガツガツしないで、
ゆる~い感じが、永く続けるコツなんですかね?

人気女優となった今でも、
オーディションに落ちることは、
そんなに気にしないんですって!

素直に「縁がなかったんだなぁ~」
と思うだけなんだそうです・・・

いいですね! 自然体で!

実は、女優の満島ひかりさんとは、
生年月日が全く同じなんですって!

二人は2012年の映画「北のカナリアたち」
共演しています。

宮崎あおい

10代の頃はアイドル視されるのが嫌で、
映画だけに出演したいと思っていた宮崎あおいさん。

なるほど!
映画やNHKのドラマ出演が多い理由がわかりますね!

今でも、自分のバックグラウンドは
映画なんだそうですが、

最近は、映画でもドラマでも演技者として
伝えるものに変わりはないということが分かり、
以前のようなこだわりはなくなったんだそうです。

宮崎あおい

もっと、もっと、民放のドラマでも
活躍してもらいたいですね!

波瑠ちゃんだけは、イジメないで下さい!

宮崎あおい

宮崎あおい

宮崎あおい

スポンサードリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ