永作博美の本当の性格は?今、その生き方が美しい!

永作博美


第17回台北映画祭で、
永作博美さんが最優秀主演女優賞を受賞しました!

そこで、女優・永作博美さんの本当の性格や
その生き方に対する考え方を

インタビューなどを混じえながら、
独自の見解で『まじめ』にインフォテインメント!
してみたいと思います!

スポンサードリンク

永作博美~その生き方が美しい~

永作博美


台北映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』
で主演を務めた永作博美さん!

日本人初の快挙!
最優秀主演女優賞を第17回台北映画祭で受賞しました!

この賞を台湾人以外で受賞したのは今回が初めて!

永作さん自身も、海外で初めてその実力を認められて、
さぞかし嬉しかったことでしょうね!

現在、二児の母でもある永作博美さんですが、
その生き方には独特の理念がお有りのようです!

“奇跡の40代”とうたわれながらも、
年々その美しさに磨きのかかる理由・・・

それはきっと、その生き方に秘密があるのではないでしょうか!?

様々なインタビューから、その秘密を探ってみたいと思います!

【奇跡の40代とうたわれる理由】
永作博美
永作さんの美肌をキープする秘訣は、
「なるべくこすらない!」ことなんだとか!

洗顔やメイク落としは、
「すすっと、ささっと、バシャンと洗う!」ことなんですって!

なんとも簡単ですが、水分補給や保湿は丁寧にするんだそうです。
しかし、余裕があってもパックはしないという永作博美さん!

それでこの美貌ですから、反則ですよね・・・

永作博美

メンテナンスばかりを気にせず、
楽に生きる方が風通しが良くていいんだそうです!

また、どんなに忙しくても、
必ずきちんと朝食だけは作るんですって!

仕事以外の時間はすべて家族のために使いたいという永作さん!

ONとOFをきちんと切り替えることも、
美しさを保つ秘訣なんでしょうね!

永作博美

30代を機に、
それまで不摂生だった生活を見直したという永作さん!

足つぼマッサージの素晴らしさに目覚め、
心と身体の力を抜くことの大切さに気付いたんだとか!

「委ねる」「預ける」といった気持ちや行為が、
家族や友人にとっての“信頼”に繋がるんですって!

なんか、深イイですね・・・

永作博美

年をとることで、自分の時間が愛おしく思え、
前に進んでいる感覚が感じられるんだとか・・・

年をとるにつれ、花や世の中が美しく見え、
年をとることが楽しみだと思えるようになったんですって!

まるで、悟りを開いたみたいですね・・・

永作博美

過去に囚われることが嫌いだという、永作さん!

諦めたものや失敗したことをくよくよ悩んでいたら、
新しくやって来る時間がもったいないんだとか・・・

新しいものを受け入れ、囚われない生き方こそが、
永作博美さんの生きる指針となっているんでしょうね!

永作博美

生きることは『勇気』だという永作さん!

限りある時間を有効に生きようと、
今、出来ることを最大限やって、

悔いの残らない人生を日々意識してるんだとか。
毎日「今日も悔いは無い!」と思って寝てるんですって!

その生き方! “美しい” です!
こじ付けですかね・・・

西内まりや19
我が生涯に一片の悔い無ーし!

ちなみに、仲のいい夫婦生活の秘訣は、
“お互いあまり干渉しあわないこと!” なんですって!

意外に、サッパリした性格されてるんですね?
次は、その性格をじっくりと深掘りさせて頂きます!

永作博美

スポンサードリンク

永作博美の本当の性格は!?


永作博美さん!
1970年10月14日生まれ!
B型の天秤座です。

出生地は、茨城県・行方市 !
実家はいちご農園なんだそうです。

永作博美

永作博美さんは、衝動的でやや短気なところがあるが、
何よりも自由を愛し、冒険を求めて行動します。

永作博美

思いやりと人を惹きつける魅力があり、
いつもみんなの人気者で、リーダー的な存在!

永作博美

恋愛に関しては、
障害が大きければ大きいほど情熱を燃やす!
一人の異性をずっと忘れられないでいることも・・・

永作博美

自己顕示欲が強く、
平凡なことでは満足出来ない!

趣味が豊富で頭もよく、
なにをやらせても独自の能力を発揮する!

永作博美

対人関係では冷たく感じられることがあり、
近寄りがたい印象を与える。

婚期は遅いが、結婚後は思いやりにあふれた家庭を築く!

永作博美

多才多芸で流行に敏感!
実力主義の世界でこそ、本領を発揮する!

永作博美

考えるより、まず実行!
まわりを明るい気分にさせる才能の持ち主!
誰からも愛される抜群の人気運を持っています!

永作博美

お金に関してはルーズ。
ギャンブルや投資にはあまり向いていない!

永作博美

ということで、
まさに、“芸能界” が似合ってるんじゃ~ないですか!?

家庭と仕事を両立しながら、
これからも頑張って下さい!

ありがとうございました!

スポンサードリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ